【故人をいつまでも思う】納骨堂を利用するメリット

数珠

永代供養を考えて探す

女性

管理と祭祀をやってくれる

霊園を探す場合の大事なポイントは交通アクセスです。例え距離が近くても山の上の方にある霊園は高齢者にはいくのが一苦労です。距離が遠くても電車や車でいける平地にあった方が行きやすくなります。例えば神奈川県の場合は北部や西部に丘陵地帯があり、霊園もあります。高齢者でも気軽にお参りに行けるかどうかによって、判断することが大事です。少子高齢化によって霊園の選び方も変わってきます。後に残された子供たちのことを考えて、永代供養のできる霊園を選ぶことも必要です。神奈川には永代供養をしてもらえる霊園がありますから、それらも選択肢に入れて探します。永代供養というのは管理と祭祀を霊園やお寺の方でやってくれるシステムになっています。そのため子供たちに負担をかけずにすみます。また子供たちが遠方に住んでいる場合、祭祀のたびに神奈川県までやってくるのは大変な場合もあります。そのような時には永代供養の契約を結べる所の方が便利です。お寺なら永代供養をしてくれますが、そうでない場合は合葬式の納骨堂がある霊園を探すことになります。神奈川県にはそのような形式の納骨堂があります。本来の目的は一時的に遺骨を預かることでしたが、近年では生活環境の変化によって墓地と同じ考え方で利用されます。選ぶ時には恒久的に管理してくれるのか、一定期間が過ぎたら土に返すのかなども事前に確認しておくことが必要です。子どものいない夫婦なども合葬式の方が安心できます。