【故人をいつまでも思う】納骨堂を利用するメリット

数珠

安心してお墓を建てるには

数珠

管理料の必要もない

京都では後々の面倒を見る人がいない、家族に負担をかけたくないなどという理由から永代供養墓を選ぶ人が増加しています。永代供養墓は購入時に一定の金額を支払えば月々の管理料はなくても永年にわたってお墓の管理をしてくれます。永代供養はお墓のメンテナンスだけでなく、お盆や命日など定期的に僧侶の読経などの供養もしてくれます。これならお墓が荒れることもなく安心できます。京都の霊園の永代供養墓は独立したお墓タイプと供養塔タイプ、納骨堂タイプがあります。供養塔は、ほかの遺骨と合同に安置する形式になっています。納骨堂は室内型のお墓でロッカー式や棚式などになっています。一般的に京都では、郊外の静かな場所に霊園が新設されるケースが増えています。駅から距離がある場合は送迎サービスを行っているところもあります。樹木が多く公園墓地風になっているところもあり、その静かな佇まいは訪れる人の心を癒してくれます。また墓石は洋風と和風タイプなどが選べる霊園もあります。さらに墓石のデザインを選べる場合もあります。生前予約や購入もできるので見学に行ってみるのもいいでしょう。京都の永代供養墓は宗教に関係なく利用できます。一般にお墓を購入する場合は無宗教の人でも管理する菩提寺の檀家とならなければなりません。しかし霊園の墓地ならそのようなしばりはありません。また一般の墓地は月々の管理料などが滞ると最悪の場合は墓石を撤去されてしまうことがあります。永代供養にしておけばそのようなこともなく安心できます。