【故人をいつまでも思う】納骨堂を利用するメリット

線香

安心してお墓を建てるには

京都では家族の負担などを減らすため霊園の永代供養を選ぶ人が増えています。これなら永久的にお墓のメンテナンスや供養をしてくれます。霊園は郊外に多く様々なタイプがあります。無宗教の人でも利用できるのが利点です。

お墓を建てる場所

神奈川には霊園が多くあり、選ぶときはいくつかのポイントを抑えるのが大事です。立地とアクセス、コストパフォーマンス、雰囲気、付帯設備と環境整備の具合、地盤沈下のおそれがないかなどを確認しましょう。雨の日も含めて複数回見学にくるべきです。

埋葬する場所は

お墓

屋内での埋葬方法

日本では墓地への埋葬が一般的ですが、最近は埋葬方法も多様化しており、手元供養や散骨、納骨堂の利用など、いろいろな方法があります。中でも納骨堂への埋葬は納骨堂そのものも種類が豊富なため、条件や好みに合わせて納骨堂を選べるとして人気を集めています。そんな納骨堂は遺骨を預かってくれる施設ですが、基本的に建物の中なために外の墓地のように雨や夏の暑さなどの天候に困ることもありません。また、掃除や草むしりなどの管理も必要ないため、手軽に埋葬できるところが利用者の増加に拍車をかけています。ちなみに運営や管理は寺院や公営、民営といったところがメインであり、その種類もロッカー式や仏壇式、参拝スペースまで遺骨が運ばれてくる自動搬送式などさまざまで、バリエーションも豊富です。そして外観に関しても普通のビルと見間違えるようなデザインのものも多く、墓地や霊園と違って省スペースに遺骨を納めることができるため、駅前などの交通の利便性のある土地にもよく存在しています。それゆえにお参りに出向く際も便利であり、冷暖房が管理されていてバリアフリーなども実施されているところもあるなど、利用しやすい環境が整っていることも納骨堂ならではのメリットです。そしてコストに関しても、基本的に一般的な墓地を利用するよりもリーズナブルなケースがほとんどです。とくに公営のところは費用が安く済みますし、種類やプランを工夫することによって費用を抑えることも可能です。そのためにまずは資料を取り寄せたりインターネットで調べるなどして、かつ実際に足を運んで見学し、好みの納骨堂を選ぶようにしましょう。

永代供養を考えて探す

霊園を探す時に大事なのは交通アクセスです。遠くても電車や車で行ける平地の方が行きやすくなります。神奈川県には丘陵地帯があるので、霊園の数も多いです。高齢者でも行ける場所を選びます。少子高齢化によって永代供養のある墓地を探す人が増えています。子どもに負担をかけずにすみますし、墓地で管理をしてくれます。